非社会性の心理<br>-なぜ日本人は壊れたのか

非社会性の心理
-なぜ日本人は壊れたのか

娘に売春をさせる母親、成績を注意されて親を殺す子供……
日本人はなぜここまで壊れたのか。

「非社会性の心理」

と呼ぶべきものが日本中に蔓延している。

果たして処方箋はあるのか?
著者、渾身の日本人論。

「真面目な人」はなぜ壊れてしまうのか。
不気味な犯罪や心の病が蔓延する、現代日本への処方箋。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜ “気味の悪い” 人が増えたのか。
現代日本の病理の根源に迫る。
今の市場主義は、人々の欲望を肥大化させ、
「人が意味があると信じているものとの深い係わり」を壊してしまった。
南極の氷が壊れるようにして、人々の心が崩れていく。
今大切なのは、「この崩れゆく心をどうするか?」ということである。

「何か変だ」という人が居る。
「どこが?」と聞かれると、どこだかハッキリと答えられない。でもヘンなのである。
答えられないけど、やはりどこか変なのである。
別にその人が人のものを盗るわけではないし、暴力をふるうわけではない。
反社会的な人ではない。

こうした非社会性は時代の病原菌である。
そして今その病原菌は日本社会全体に浸透しつつある。
南極の氷が壊れるようにして、今人々の心が崩れていく。
崩れていくと言うことは破壊されるとは違う。

今大切なのは、「この崩れていく心をどうするか?」と言うことである。[09/10/03]

前のページ 次のページ