気が軽くなる生き方

いろんな人間がいる。いろんな生き方がある。どれが正しくてどれが正しくないか、ということなどない。そこに気づかないから疲れるのだ。自分は自分、そう思うことである。今はつらくても、自分は自分と思えた人の人生のほうが結果的には実りあるものになる。それはこの本が保証する。

人に合わせすぎて、自分の気持ちをためこんでしまう。疑い深い自分が嫌でたまらない。そんな人のために、もっと心が楽になる生き方を教える本。1988年刊の再刊。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

購入 - Amazon

前のページ 次のページ