感情を出したほうが好かれる

かつて私にもつらい時期があった。
だからこそ私は自信を持って言いたい――

「ノー」と言っても好かれる人がいるのに、「イエス」と言って好かれない人がいる。
なぜ相手の気持ちにばかり気をとられて、自分らしく生きられないのか。
世の中にはなんと多くの人が好かれようと行動して、結果として嫌われていることであろうか。
「こんなに一生懸命やっているのにどうしてわかってくれないのか」
「なんで私だけがこんなに苦労しなければならないのか」
と不満に感じる人は、一度自分の心の中をのぞいてみることである。
好かれるための努力で嫌われる人は多い。
そんな努力は無駄である。
そんな努力はしないほうがうまくいくのである。

もっと自信を持って「自分の人生」を生きたいと望む人に贈る本。

購入 - Amazon

前のページ 次のページ