受験生の心の休ませ方

受験生の心の休ませ方

受験や進路の不安、親や自分へのいら立ち、友人たちに感じる焦り…。
受験生が陥りがちな悪循環から抜け出すにはどうしたらいいか。
人気心理学者が、自らの青春日記とともに受験生の心をほぐします。
「現実は味方なのだから、現実を認めることである。現実を認めても悪いことは何も起こらない。
現実を認めないと次々に不幸なことが起きる。
『私は今まで優柔不断だったのだ』と認めれば、先の人生は開ける。
先にいいことがある」というように、たとえ勉強に遅れをとっていても、
焦らずにありのままの状況を認め、自分の選択(進学か就職か、またはそれ以外)を自覚することの大切さを説く。

そして、受験のつらさに苦しみ、進路の選択に悩み、恋や遊びなど受験勉強を妨げる様々な欲求に迷うことが、いかに自分を強く鍛えるかを教え、するべきことに気づかせてくれます。
受験の重圧におしつぶされそうなとき、たんたんと乗り越えるヒントを与えてくれる本。

受験や進路の不安、親や自分へのいら立ち…。人気心理学者が、自らの青春日記とともに受験生の苦しみをほぐします。中学生から。

前のページ 次のページ