36. なぜそんなに自分を犠牲にするのか--従順な人へ

従順な人はよく考えてみることである。相手は自分にとって何であるのか・・・・・・と。相手に気に入られることが、自分の人生の意味になってしまっているのではないか。だから相手から見捨てられたり、嫌われたりすることが耐えられないのであろう。自分をなくすことで人生の意味を見失い、人に気に入られることが生きる意味になり、その結果、ますます自己不在になっていくという悪循環になってしまっている。
 
自分を犠牲にして相手に気に入られようとすることで生きる意味を見失い、生きる意味を見失ったことで相手に気に入られることが生きる意味になってしまう。その結果、ますます相手に気に入られようとして、いよいよ自分を犠牲にする。いったん悪循環におちいってしまうとなかなか断ち切れない。気に入られることが生きる意味になった人は、何でもいいからその人とは関係のない何か自分の好きなことを作ることである。
 
相手はあなたに気に入られることが人生の意味になっていないから、いろいろとあなたに強いことをいう。こんな馬鹿らしいことがあろうか。相手はあなたのために自分を犠牲にしないのに、なぜあなたは相手のために自分を犠牲にするのだ。

不機嫌になる心理 - Amazon

前のページ 著作からの抜粋 トップページ 次のページ