47. 心を大切にする人は人生に無駄がない

些細なことが予想したように順調に進まないと、途端に心理的パニックに陥る人がいる。形ばかりを大切にして、心がないからである。物事が「予想したように順調に進まない」というのは、外側から見た形が「予想したように順調に進まない」ということである。
 
形だけで心のない人は無駄を恐れる。心のある人には人生に無駄はない。心のある人には、そのことをする過程もまた人生なのである。
 
心を大切にする人は物事の過程を大切にする。しかし形にとらわれて他のことが見えない人は、結果しかない。したがって予想したように順調に物事が進まないとすべてが無駄に感じるのである。「せっかく、こんなに、努力したのに」と悔しがる。
 
そういう人が持っている要求というのは神経症的要求なのであろう。ものごとは「こうならなければいけない」と思っている。こうなる「べき」だと思っている。ところが現実にはそのようにならない。すると大変なことになったように感じる。
 
自分の今の生活全体の中では、そのことがうまくいこうが失敗しようがたいしたことではない、些細なことである。にもかかわらず、もう自分の人生がいきづまったかのごとく感じてしまう人がいる。しかしこうならなかったことはこうならなかったことなのである。

まじめさが報われるための心理学 - Amazon

前のページ 著作からの抜粋 トップページ 次のページ